バイナリーオプション=BOって人気のある投資商品なんだけど、これを最初からやろうとする人が多いんだよね。

どういう意味かって言うと、初めての投資商品にバイナリーオプションを選ぶてこと。

悪くない選択肢だと思うんだけど、このバイナリーオプション自体が、集中的に取引して行くことをそこまで想定していないものになってて、多くの大手BO業者は「スキャルピング」っていう買ってはすぐに売る、っていう利益手法を禁止してたり煙たがったりしてるから。

つまり、パソコンに張り付いてBOの取引をガッツリしまくるって言うタイプの投資商品ではないってことなんだよね。

本線と複線で組むBOが一番

BOをやろうって思うのなら、複線でやるのが一番。

本業と副業みたいなもので、本業で出した利益の内、税金対策なんかで経費扱いしたい分を複線のBOで増やせるかやってみるっていうのが一番いいと思ってる。

実際には結構複雑なことをして経費化するんだけどもそれについてはまた今度。

要するに、BOに張り付いて取引して高い利益を出そうというものではなく、スキマ時間に投資して、横目にチャート変化を見つつ判定時刻前に売りか判定待ちかを決めるっていうやり方。

BOはジェットコースターに乗る気分

時間制限付きの取引だから、ポジションも消え去ってしまうのがBOの特徴だけども、逆にこれは常時取引の結果と相場を気にしている精神状況を回避できるってこと。

確かに投資家としては継続し続けるリスクとリターンの間で板挟みっていうのがない投資案件というのは悪くない。

それがBOの最大のメリットだけれども、決まった時間の中で伸るか反るかを決める必要があって、まるでジェットコースターみたいな気分。

よほど好きな人じゃないと1日になんだもジェットコースターに乗ることはないよね。

BOとの付き合いはそのくらいの距離感が一番っていう話。